農地法

スポンサーリンク
農地法

農地を売る、転用する

農地を売る、転用する際に必要となる農地法の許可申請の種類は、2つに分けることができます。 図では3つに分かれておりますが、2つに分けるポイントは、農地のまま使ってもらうか、農地以外に「転用」するか、です。 まずは、農地の...
農地法第4条、5条許可申請書をつくろう

農地を宅地にする場合に、まずチェックすること

農地を宅地にする場合にまずチェックすることは、申請土地の「農地区分」です。これは「農地区分」によっては、そもそも農地転用ができない、ということもありうるからです。 申請土地の「農地区分」は、申請土地の市区町村の農業委員会または農林課等...
農地法

農地を借りる場合の期間制限とは?

2020年4月1日施行改正民法604条 賃貸借の存続期間は、五十年を超えることができない。契約でこれより長い期間を定めたときであっても、その期間は、五十年とする。2 賃貸借の存続期間は、更新することができる。ただし、その期間は、更新の時か...
農地法

農地法の目的とは?

農地法 (目的) 第一条 この法律は、国内の農業生産の基盤である農地が現在及び将来における国民のための限られた資源であり、かつ、地域における貴重な資源であることにかんがみ、耕作者自らによる農地の所有が果たしてきている重要な役割も踏ま...
農地法

農地法における農地の定義とは

農地法 (定義) 第二条 この法律で農地とは、耕作の目的に供される土地をいい、「採草放牧地」とは、農地以外の土地で、主として耕作又は養畜の事業のための採草又は家畜の放牧の目的に供されるものをいう。 2項 3項 4項 省略 農...
農地法

農地を相続したら何をすべきか?

農地法 (農地又は採草放牧地の権利移動の制限) 第三条  農地又は採草放牧地について所有権を移転し、又は地上権、永小作権、質権、使用貸借による権利、賃借権若しくはその他の使用及び収益を目的とする権利を設定し、若しくは移転する場合には、政...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました