スポンサーリンク

新着記事

農地法

農地を売る、転用する

農地を売る、転用する際に必要となる農地法の許可申請の種類は、2つに分けることができます。 図では3つに分かれておりますが、2つに分けるポイントは、農地のまま使ってもらうか、農地以外に「転用」するか、です。 まずは、農地の...
農地法第4条、5条許可申請書をつくろう

農地を宅地にする場合に、まずチェックすること

農地を宅地にする場合にまずチェックすることは、申請土地の「農地区分」です。これは「農地区分」によっては、そもそも農地転用ができない、ということもありうるからです。 申請土地の「農地区分」は、申請土地の市区町村の農業委員会または農林課等...
農地法第4条、5条許可申請書をつくろう

農地転用できない土地であるかどうかを簡単に確認したいとき

農地転用できない土地であるかどうかを簡単に確認する方法があります。 全国農地ナビです。 全国農地ナビは、市町村および農業委員会が整備している農地台帳および農地に関する地図について、運営・管理団体である全国農業会議所が、農地法に基...
農地法第4条、5条許可申請書をつくろう

農地法第4条、第5条の許可申請書の添付書類を確認しよう

下記一覧表のざっくりとした読み方(農地法第4条、第5条編) ざっくりと解説すると、①申請者に関する書類 ②所在土地の書類 ③転用してつくるものの図面 ④資金関係の書類となります ③にあたる、配置図、排水計画図は、工事の業者さんに...
農地法

耕作放棄地の取引では、農地法の許可を回避する方法はないのか?

地目が農地であっても、現況が非農地ならば、面倒くさい農地法の許可の手続きをしなくてもいいのじゃないか?というハナシです。
農地法

農地を借りる場合の期間制限とは?

2020年4月1日施行改正民法604条 賃貸借の存続期間は、五十年を超えることができない。契約でこれより長い期間を定めたときであっても、その期間は、五十年とする。2 賃貸借の存続期間は、更新することができる。ただし、その期間は、更新の時か...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました