農地の名義変更 熊本の行政書士まつむら事務所

農地法の許可申請の種類3つの図示

農地を農地以外として使うことを「農地転用」といいます。

農地を農地以外として使うとき(「農地転用」といいます)、それが自分の土地であっても、原則として農地法の許可が必要です。

また、農地を農地のまま使うのは自由ですが、これに他人の名義を設定するには、原則として農地法の許可が必要となります。

全国農地ナビ

まず、農地転用できる土地なのか調べる必要があります。

農地転用できない土地であるかどうかを簡単に確認したいとき
農地転用できない土地であるかどうかを簡単に確認する方法があります。全国農地ナビです。全国農地ナビは、市町村および農業委員会が整備している農地台帳および農地に関する地図について、運営・管理団体である全国農業会議所が、農地法に基づき農地情報をイ

行政書士まつむら事務所では、農地の調査から農地法の許可申請を行います。

その後に続く、農地の名義変更(司法書士)、農地の地目変更(土地家屋調査士)についてもそれぞれの専門職と共同し、ワンストップサービスにてご相談をお受けします。

1.農地法をざっくりとご説明します

ざっくりと説明しています。

耕作放棄地は農地ではない?

農地でなければ農地法は適用されないはずです。

2.農地を農地のまま名義変更(農地法第3条)

農地法3条の許可申請の添付書類は割と少ないです。

農地法3条の申請書をつくってみる

資料のダウンロードもできます。

3.農地の転用(農地法4条、5条)

農地を宅地にするにまず確かめること

農地区分をしらべる必要があります。

農地転用できない土地かもしれません

農地区分を簡単に調べる方法があります。

農地転用における地目変更のタイミング

通常は名義変更後、工事完成後です。

4.その他、よくあるご質問など

土地名義人が亡くなっていたら?

記事準備中。まず土地の相続登記が必要です。

農地を借りる場合にも許可は必要か?

記事準備中。農地を借りる場合にも許可は必要です。

農地の賃貸借の期間について

農地の賃貸借契約の期間についての説明です。

タイトルとURLをコピーしました