2016-07

農地法

農地を相続したら何をすべきか?

農地の所有者が亡くなると相続が発生し、農地の所有権が移転します。このとき、相続人は何をなすべきか、農地法には、どのように規定されているのか?についてのエントリです。
農地法

農地法における農地の定義とは

農地法における農地とは何か?についてのエントリです。 農地法における農地にあたるということになれば、耕作のために売買、贈与等の名義変更をするには、農地法第3条の許可が必要となるなどの制限があることになります。その判断基準を確認するエントリです。
農地法

農地を借りる場合の期間制限とは?

農地を借りる場合に、期間制限はあるのか?についてのエントリです。農地を農地のまま(耕作のために)借りる場合と、農地転用(ソーラーパネル建設地など)の場合とに分けて、説明があります。
農地法

農地法の目的とは?

農地法の第1条、目的規定にある、農地法の目的を確認します。
4条、5条許可申請書をつくろう

農地を宅地にする場合に、まずチェックすること

南関町の農地に居宅を建てる場合、それがご自身の土地ならば、農地法第4条の許可が必要になり、ご自身の土地でないならば、農地法第5条の許可が、原則として必要です。 この農地の転用の申請の前に、まずチェックすることについてのエントリです。
スポンサーリンク