農地法第4条、第5条の許可申請書の添付書類を確認しよう

4条、5条許可申請書をつくろう

下記一覧表のざっくりとした読み方(農地法第4条、第5条編)

ざっくりと解説すると、①申請者に関する書類 ②所在土地の書類 ③転用してつくるものの図面 ④資金関係の書類となります

③にあたる、配置図、排水計画図は、工事の業者さんにつくってもらうことがほとんどです。雨水しか考える必要のない太陽光発電施設等でも、排水計画図は、きちんとつけてくれとの指導が役場からあります。
 
④にあたる、資金計画書は、要するに転用してつくるものの見積もりのことです。
また、資金証明は、自己資金ならば銀行の残高証明もしくは通帳のコピー、銀行から融資を受けるならば、融資の計画がすすんでいることを証するなんらかの証明書(仮契約書等)をもらってすることが多いです。

 

添 付 書 類 3条 4条 5条 備   考
法人登記簿謄本 申請者が法人である場合
法人定款又は寄付行為 申請者が法人である場合
土地登記簿謄本
位置図及び周辺状況図  町管内図又は住宅地図
字図
配置図  敷地内の家屋建築位置、駐車位置、   資材等の配置位置、植栽の位置、家庭菜園の位置等詳細に表記すること。
排水計画図
事業計画書
資金計画書
資金証明書  預金残高証明書

資金借入(又は貸付)契約書

*100万円未満の場合は不要

その他参考となる図面 宅地の見取り図、設計図等
隣接地の同意書 隣接農地の地権者の同意
排水同意書 排水設備を設置する事業の場合
(通常は、地元区長)
土地改良区意見書 申請地が、土地改良事業区域内の場合
他法の許認可証明 農地転用許可事業を実施するにあたり、他法令の許可等が必要となる場合
小作農の同意書 申請地が、小作地である場合
農用地外である証明
住民票 町外者の申請時
耕作証明 町外者の申請時
営農計画書及び農地取得後における作付け計画書
(通作距離と農地の効率利用)
町外者の申請時
町外者の申請時

 

その他必要となる書類

 

申請地が第2種農地の場合(第1種農地の場合、原則、転用不可ですし、第3種農地の場合、逆にこの書類が不要となるのですが)

代替地を検討したことを証する書面というものが必要となります。